スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2007-6/7(木) 肩こりの治し方を教えておくれ 

絶望した!おもしろミノリ放送局が最終回なのに絶望した!

って、「何を今更」なんて声があちこちから聞こえてきそうなぐらいおっそい反応ですが、前回の更新の時点ではまだ聴いてなかったので一つご容赦をば。

なんてこと言ってたらefがアニメ化とな!?
ということは、この最終回はefのアニラジがはじまる布石!
そしてパーソナリティーには我らの山田ゆな嬢中島裕美子さんが!……だったらいいなぁ('A`)
とは言え、少なくともlatter taleがリリースされる頃には復活するでしょうし。…しますよね?
でもよく考えたらlatter taleっていつリリースされるのか分からn(ry

あと今週のうたらじでも最終回の告知があったそうで。(まだ聴いてないけど)
こうも毎週のささやかな楽しみが減っていくとは…。


[小説] 秒速5センチメートル 第二話「コスモナウト」前編 の感想

さて、ダ・ヴィンチでの小説版秒速~も第二話に突入と相成りました。
つい先日に第一話後編を読んだと思ったらもう一ヵ月経ってしまった…。「この間俺は何をしていたんだ?」と考えると軽く頭痛を覚える初夏の朝orz

それはさておき。
第二話は花苗の視点―彼女の独白によって展開されますが、小説でもそれが踏襲されています。
 ※新海さんは小説を元に本編を構成しているので当然といえば当然だが
ですので第一話同様、心情の有り様に注視することができます。
特に花苗の貴樹に対する想いとその要因としての貴樹の「他の誰とも違った感覚」、つまりは遠縁性に惹かれ、それに対する憧れとしての好意がよりハッキリ描写されています。
もっとも、これは第二話終盤、憧れの一端であった「貴樹の視線の先」に気付いた花苗に跳ね返ってくるわけですが…。
後編はキツそうだなぁ…。


ちなみに、来週の新海さんによる渋谷ジャックですが、バイトで行けないよママン(;´Д`)
せめて告知は三週間ぐらい前に…(え、無理?)
あ、でも頑張ればラジオは行ける(かもしれん)。
スポンサーサイト
[ 2007/06/07 09:08 ] 小説感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
絶賛贔屓中

minori
Littlewitch
AUGUST
Sirius
HERMIT

応援中ですよ

世界でいちばんNG(だめ)な恋
『ピリオド』を応援しています!
こいびとどうしですることぜんぶ
ToHeart2 AnotherDays / Leaf
クリックでminoriのサイトにいっちゃうよ!
戯画『 さかあがりハリケーン 』おうえんバナー企画参加中♪

プロフィール

管理人:むらゆき
■創作能力皆無の消費型オタク
■連絡先
 nuruota-fidget☆hotmail.co.jp
 (☆を@に変更してください)




↑「押してあげてもいいよ」と奇特な方は是非

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。