スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2007-3/29(木) 渋谷ってあんまり行きたくないんだよねぇ… 

2007-3/28

秒速5センチメートルのトークショーを観にシネマライズまで。

ゲスト兼司会で笠井信輔が客席から登場したのは意外でしたが、もっと意外だったのはその時自分の隣にいた女性の反応…。お姉さん、興奮しすぎですって(;´Д`)
 ※もう一人のゲストは言うまでもなく新海さん


以下、覚えてる限りを書き殴り


■製作中は観客の存在を忘れて没頭する。公開直前になってそのことを思い出して焦る。
■Yahooでの第一話の先行配信に新海さんは肯定的。第一話はそれ単品でも楽しめる等。 ここでYouTubeにも言及、「すぐにアップされるし…」(館内爆笑)

■1カットの移りが速いのは、テンポ・密度を優先しているため。また、普段の風景はじっと 見るものではないとも。

■第三話では5コマ(5/24秒)しかないカットが40カットも。

■花苗がカブに寄りかかって携帯をいじっているカットは、中種子高校のサーフィン部の
 子がモデル。

■電車の中のカットはスタッフが中心で、新海さんは1・2カット。

■作品全般で悲恋が扱われているのは、その人物の先の人生を照らすため。
 (決して終わりではない)

■一人称で語られる小説が好きなので、作品にもそれが反映されている。
 (主人公のモノローグ)

■新海作品では男性キャラの過去の想いに対する鬱々した感情が描かれるが、
 程度の差はあれ、それは誰もが持つ感情ではないか?

■長編映画については現在検討中。(やはり覚悟がいるそうで…)


あと、ユニークなものを幾つか


■客席への「何回観た?」の質問に対して6回以上と答える強者が…。
 (自分は今回で3回目)

■岩舟であの桜の木を探す人が後を絶たず。が、実際はないそうです…。
 モデルは代々木公園のどっか。
 (ちなみに現地で探しまくった儲がここにおります)

■「新海誠原画展」に関してはコミックス・ウェーブ次第?
 (これは是非ともやって頂きたい)


ここまでつらつらと書いてはみましたが、正直細かい点はかなりあやふやなので、どうか参考程度に留めておいてください。

ちなみに、シネマライズではこの先も秒速~関連のトークショーやサイン会なんかが催されるようです…。

まあ、たぶんまた行くでしょうけど(儲乙)
スポンサーサイト
[ 2007/03/29 00:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2007-3/25(日) そりゃねぇよ、アクアプラス 

■うたらじ・Radio ToHeart2の合同イベントのチケを巡るここ1日の顛末


アクアプラス通販サイト分は20分ぐらいで完売(その間アクセスすらできず)

始発でTAFの音泉ブースに突撃、列打ち切りでアウト

ヤター、なんか知らんけど普通に通販サイトで買えたー!

あれ、メールが…
ご注文いただいたチケットは、24日未明に完売していたのですが、
サーバートラブルにより再びお申込みできるようになっておりました。
注文番号[****************]のご注文は無効とさせていただきますので、
ご了承下さい。


\(^o^)/ ←いまここ


さて、自分に残された手立ては以下の2つ。
①ローソン待ち
②抽選販売に賭けてメール送る

う~ん、なんとも期待薄…。
[ 2007/03/25 02:33 ] 雑記 | TB(1) | CM(0)

2007-3/18(日) うたわれ途中までしかやってない件 

寝る前にネットぶらついてたらこんなものを発見。

なんと言うか、「司会者・小山剛志」の時点で狙ってやってる感がバリバリで素敵すぎます。
うたらじを毎週楽しみにしてる自分としてはかなり魅力的な公録なんですが、Radio ToHeart2ってゆりしーがアレすぎてほとんど聴いてないんですよね…。
そんな自分がこの合同イベントに参加して良いものか、正直悩みます。そもそもチケも争奪戦必至っぽいし。おまけに当日はサンクリと被ってる罠。

さて、どうしたものか…。

ちなみに本編に関しては圧倒的に東鳩2の方をやり込んでいます。このあたりが歪んでますね('A`)



2007-3/18

まあ、箱根Tシャツ買っちゃったんですけどね(´・ω・)

[ 2007/03/18 04:19 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

2007-3/14(水) 秒速5センチメートル 舞台探訪② 

8日の記事で「行くかもよ?」とやや弱腰気味にほのめかしていた巡礼第2部に、昨日逝ってまいりました。本来なら当日中に載せるべきだったんですが、「帰宅→メシ→風呂」の流れであえなくダウン。起きたの昼過ぎですよ('A`)

さて、今回は貴樹の岩舟までの道のりを辿ってきたわけですが、あらかじめ断っておくと写りがあまりよろしくない写真が何点かあったりします。お見苦しくなってしまいますが、一つご容赦をば。


DSC00652.jpg

明里との約束の当日は、昼過ぎから雪になった
 貴樹はここから明里の待つ岩舟へと歩を進める

DSC00658.jpg
改札を抜ける

DSC00662.jpg
停車中の普通列車

DSC00663.jpg
新宿へ

DSC00665.jpg


DSC00666.jpg


DSC00667.jpg


DSC00670.jpg


DSC00671.jpg
う~ん、高い!

DSC00672.jpg
ここから埼京線のホームまではやや歩く

DSC00673.jpg

新宿駅に一人で来たのは初めてで、これから乗る路線も僕には全て初めてだった
 13才の少年にとって、それは大きな冒険

DSC00677.jpg
向かいに京王百貨店を望む

DSC00683.jpg


DSC00684.jpg
貴樹は、あの夜を思い出す

DSC00691.jpg
大宮駅

DSC00693.jpg


DSC00694.jpg


DSC00698.jpg


DSC00702.jpg

その瞬間まで僕は、電車が遅れるなんて可能性を考えもしなかった
 これをきっかけに貴樹の不安が膨らみ始める

DSC00704.jpg
久喜駅

DSC00709.jpg


DSC00711.jpg


DSC00714.jpg


DSC00715.jpg
小山駅

DSC00718.jpg


DSC00719.jpg
両毛線のホームはこの奥

DSC00721.jpg


DSC00722.jpg


DSC00723.jpg


DSC00726.jpg
大清水自販機は見つけられず

DSC00730.jpg


DSC00731.jpg


DSC00733.jpg


DSC00734.jpg


DSC00732.jpg


DSC00747.jpg
実際の岩舟駅は無人駅

DSC00737.jpg


DSC00740.jpg


DSC00739.jpg


DSC00741.jpg
思っていたよりも奥行きがない

DSC00745.jpg
ちと近すぎましたね(;´Д`)



2回に渡っての巡礼の総評というか、超短いまとめなんかを一つ。

ここまで本格的に巡礼に赴いたのはこの作品が初めてでした。
ただ、実際に巡った場所のほとんどは第一話に関連した場所なのでやや不完全ですね…。
とはいえ、第2話以降は当然ながら手元に資料がありません。しかも第二話に関しては種子島…。まあ無理だな `,、('∀`) '`,、

よし、ちょっくら劇場行って確認してくる(ヲィ
[ 2007/03/14 16:17 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

2007-3/10(土) 草壁さんに出番を… 

2007-3/10

   オギーが小さいんじゃないんです

   大野さんが大きすぎるだけなんです

   (もちろん性的な意味で)


届いてからやや放置気味になってしまったOVA ToHeart2をやっとこさ観終わりました。
てなわけで、簡単な感想をば。


本編はイルファさんとタマ姉(というか向坂家)がメインになるわけですが、そのほかのヒロインも端役としてセリフが一言二言あったりもします。

さて、メインのお二方なんですが、イルファさんスキーの自分にとしては正直タマ姉なんてどうでもいいどうしてもイルファさんに目がいってしまうわけですよ(*´Д`*)=3
初っ端の妄想炸裂振りには、「微妙にキャラ違くね?」と思わず吹いたりもしましたがw 

それと、なんで雄二がモテないのかその一端を垣間見た気がしました。やはり彼は愛すべき男です(カメラ越しに下から覗こうとしたのは自分だけですか?)。

今回のOVAで嬉しかったのは、ゲームではヒロイン同士の交流がほとんどなされていなかった点(このみ-タマ姉・愛佳-由真なんかはあるが)が補完されてるとこですね。考えてみると、ゲーム内でヒロインの絡みの描写って全然ないんですよね…。だからこそ飢えていたわけですが。
そしてなんといっても各々のキャラが動いている!これだけで思わず満足しそうになってしまいました。これがアニメのいいとこですからね。

ここであえて言わせていただくと、自分がToHeart2で最も好きなのは草壁さんです。おまけキャラだとか尺短いだとか十円ハゲだとか心無いことを言われようとも、これだけは断固譲れません。先ほど自分がイルファさんスキーだという旨を述べました。が、草壁さんには勝てませんって…(主に自分の中で)。

第1話ではファミレスの件のみでしたが、2話以降で彼女の出番が増えてくれればこれ幸いです。
まあ、イルファさんをメインで起用してくれただけでも非常にありがたかった訳ですが…。


>「本編であまり出番がなかったからせめてこの特典CDだけは頑張ろうって…」
全俺が泣いた
[ 2007/03/10 23:49 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

2007-3/8(木) 秒速5センチメートル 舞台探訪 

秒速5センチメートルに所縁のある場所を訪ね歩いてまいりました。
有体に言えば聖地巡礼ですね。

秒速~に関しては既に多くの他サイト様が巡礼に赴いているので
二番煎じ感が否めませんが、まあいいんです。
 
本人さえ満足できれば(・∀・) ※すんません、嘘です…

今回は時間と体力の関係上、貴樹の岩舟までの道筋は辿ってません(ノД`)
貴樹と明里が一緒に歩いた場所がメインとなっております。
たぶん来週あたり、懲りずに巡礼第2部として岩舟まで赴くと思うんで、その時にでも。


でわスタート↓
(言うまでもなくネタバレが多分に含まれているのでご注意を)


20070308161135.jpg

桜がとても印象的

20070308161144.jpg

駆け抜ける2人

20070308161242.jpg

「来年も一緒に桜、見れるといいね」

20070308161210.jpg

溶けてしまいそうに熱いアスファルト

20070308161043.jpg

夜明けの直後

20070308161421.jpg


20070308161413.jpg

チョビ再登場

20070308161359.jpg


20070308161347.jpg


20070308161325.jpg


20070308161317.jpg

「あの本どう?」

20070308161217.jpg


20070308161222.jpg

「ごめんね……」

20070308161438.jpg


20070308161051.jpg


20070308161016.jpg


20070308161250.jpg

振り返った先に

20070308161257.jpg

彼女はいなかった


と、今回はこんなとこでしょうか。
しかし自分で言うのもなんですが、随分と見づらいレイアウトだなこりゃ…(;´Д`)
まだ慣れてないんで、申し訳ないんですがご容赦下さい。

先ほども触れましたが、岩舟までの道筋は(たぶん)来週です。巡礼の総評はその後でやろうと思ってます。


最後に私信です。コメントのレスなんかを:

ネコヂタさん、コメントありがとうございました!
レスが遅れてしまい、どーもすんません(;´Д`)
自分は基本的にハッピーエンド原理主義者なので、ある程度覚悟はしてたんですが、やはり影響は大きかったですね…。
とはいえ新海さんの「彼女と彼女の猫」からの一連の流れに区切りをつけるという意味では、あの結末は大いに価値があるかとも思っております。

今回のコメント、本当にありがとうございました。
今後もよろしければこんな駄文ばかりのブログですが、どうか生暖かい目で見守ってやってください。

[ 2007/03/08 18:18 ] 舞台探訪 | TB(0) | CM(0)

2007-3/6(火) 会長は俺の嫁 

こんにゃくのアニメ公式サイトがプレオープンしたそうで…。
丸戸&ねこにゃん両氏の儲である管理人ですが、アニメ化に関しては大いに危惧を感じております。

そもそもエロゲ原作アニメの多くは、アニメ放映時期に併せてリリースされるコンシューマ版の宣伝要素を多分に含んでいます(こんにゃくもそのパターン)。それでも全体のクオリティが高ければなんら問題はないし、ユーザーにとっても喜ばしい限りなのですが、自分の知る限りではそのような作品はなかなかないかと…。

つまり、販促の色が濃いアニメは良作が少ないパターンが見受けられます。

もちろん、少しでもユーザーのすそのを広げたいという意図はわかりますし、それを商業主義一辺倒と断罪する気もありません。が、この現状を考えるとどうも鬱屈としてしまいますね…。

まあ、始まる前からグダグダと文句を垂れ流してもしょーがないんですけどね('A`)
それに、つぐみ寮の妻たちが「動く」ってだけでもかなり魅力的ですから(*´Д`*)=3
 ※ちなみに自分が公式の絵を見て感じたのは、「まあ、こんなもんか」

こんにゃくのアニメ・コンシューマ版についてはこれからも触れていきたいので、どうかよろしくお願いします。


最後になりましたが、秒速5センチメートルを応援するブログさんにて、また記事を取り上げて頂きました。重ね重ね、本当にありがとうございます!てなわけで、秒速~についてもちょくちょく触れていこうかと考えているので、こちらもお願いします。
[ 2007/03/06 23:09 ] 雑記 | TB(1) | CM(0)

2007-3/5(月) 秒速5センチメートル② 

3日の記事秒速5センチメートルを応援するブログ日々の戯言】さん
にて紹介されました。開設してから間もない、こんな超弱小ブログの駄文を扱って頂き、
本当にありがとうございます!

ちなみに気づいたのは今日だったりします(;´Д`) 返礼が遅れてしまい、
すみませんでした。

そんなわけで、早速3日の発言撤回です。

また秒速~の感想を書いちゃいます!※ちょっとだけだけど…

「本編観直してからまた書きたい」なんて言っていたのもどこ吹く風。舌の根も乾かぬうちとはまさにこの事です。

言い訳をさせてもらうと、ここ2日間における自らの心境に自身が耐えられなくなってきた、といったとこでしょうか。

 貴樹と明里、2人の顛末を思い出しては溜息をついて切なくなったり…
 もしも2人が繋がったままなら、とか妄想を弾けさせたり…

こんな感じで延々2日間過ごしてまして…。
要は痛さ爆発の日々でつた。

物語の結末そのものには納得しています。が、それまでの経緯がやや
消化不良気味です。

3日の記事の冒頭で「経緯が大事」的なことを書きましたが、自分が気がかりなのは第一話と第二話の間、つまり第三話の「徐々に疎遠になっていく2人」の件です。

第一話における互いの「分かり合えた」という彼ら共有の感覚は、ヤワなシロモノには見えませんでした。距離と時間は大きければ大きいほど、人の関係を容易に絶ちます。ですが、それすらも超えられるものを自分はあの感覚に感じたのです。

にもかかわらず彼らは互いの交流を無くしました。そうなると第二話での貴樹の独白における明里の存在は、いわば貴樹の内にのみ存在する妄想に過ぎなかったということになります。(送るあてのないメールを打っていたことからも)

ですので、あの強い分かり合いの感覚を持った彼らが互いの疎通を失してしまった理由が、「時間と距離」だけでは納得できないし、何より描写が不十分です。
 (その点は妄想の余地がある程度残るのでそれが救いか?)

「結末は納得できる、でも経過が不十分」とした消化不良分はだいたいこんなところです。
3日の記事とはやや矛盾した内容になってしまいましたが…。
それでも、この苦しみが少しでも楽になればって…

 楽になりません(´;ω;`)

なんと言うか、貴樹と明里の互いの過去に対しての想いと現状が如何ともしがたくて…。
ラストの踏み切りはまさにその象徴かと。(あそこで貴樹は吹っ切ったぽいが…)


独り言→舞台訪問とかもしたいなぁ…










[ 2007/03/05 23:50 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(1)

2007-3/3(土) 秒速5センチメートル 

2007-3/3

を観て来ました。
舞台挨拶見たさに初回と3回目のチケを買ってたのは
秘密です。

そんなわけで感想兼妄想です。
以下激しくネタバレなので、
未観の方はスルー推奨。

[ 2007/03/03 21:12 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

2007-3/1(木) えろいことはいいことだ 

うぼぁ~、丸1日ほとんど寝てました…。
深夜勤+早朝勤はやはりダメージがでかい(;´Д`)

昨日は昨日で摩央姉ちゃんパワーで独りはしゃいでた訳ですが、
今日は今日とて

2007-3/1①





  

    
   (;´Д`)ハァハァ


みやこバスタオル&OVA ToHeart2 弾着

まずはバスタオル!
いや~、これでようやく冬コミの雪辱を晴らすことができましたw
minoriの企業スペに並んだのはC71が初めてだったんですが、バスタオルのあまりの捌けの早さに
 工エエェェ(´д`)ェェエエ工
でした。再販してもらえなかったら死んでも死に切れないとこでしたよ…。

そしてOVA!
なんでもこれがToHeart2初のアニメだそうで(棒読み)
それはともかくとして、作品全体のクオリティはもとよりイルファさんスキーの自分にとっては、この第1話は楽しみでしかたありません。これで第2話か3話で草壁さんがメイン張ってくれたら何も言うことないんですけどね…。あ、ボイストレーニングレッスンで我慢しろと?そうですか…。

今日はこれからまた深夜勤なんで、お楽しみはその後。
ブツを糧に頑張ってきます。  

ちなみにみやこバスタオルの全身はこちら
えっちぃので注意
[ 2007/03/01 23:14 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
絶賛贔屓中

minori
Littlewitch
AUGUST
Sirius
HERMIT

応援中ですよ

世界でいちばんNG(だめ)な恋
『ピリオド』を応援しています!
こいびとどうしですることぜんぶ
ToHeart2 AnotherDays / Leaf
クリックでminoriのサイトにいっちゃうよ!
戯画『 さかあがりハリケーン 』おうえんバナー企画参加中♪

プロフィール

管理人:むらゆき
■創作能力皆無の消費型オタク
■連絡先
 nuruota-fidget☆hotmail.co.jp
 (☆を@に変更してください)




↑「押してあげてもいいよ」と奇特な方は是非

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。