スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2007-9/12(水) 「秒速~」もこれで一区切り? 

足掛け半年

ダ・ヴィンチで連載していた小説版の秒速5センチメートルも今月で最終回。この小説版はアニメ本編では触れられなかった設定も多く、補完資料的な性格も帯びていたので大変ありがたいものでした。テキストで事象を事細かに起こすと破壊力が増すことを改めて実感しましたし…('A`)

てなわけで最後の感想です。


[小説]秒速5センチメートル 第三話「秒速5センチメートル」後編

表題である「秒速5センチメートル」
作品を象徴するフレーズ「どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか

踏切ですれ違う2人―
言うまでもなくラストシーンですが、あの場面はいわば2人が別々にこれまで進んできた道のりにおける「速度」が帰結された瞬間でもあったりします。

貴樹においては、ただがむしゃらに、やや性急過ぎた「生き方」をしていた間と、水野さんとの別れや同時期の辞職を区切りとした以降での彼をを取り巻く時間の速さは明らかに質を変えています。

あなたはきっと大丈夫―
明里と別れてからの貴樹は、この言葉のいうところの実感を得るために執心したが為に力の入れ具合を誤ったのかもしれません。だからこそ、それまでを顧みたことによるある種のゆとりが生じたのでしょうか?

貴樹と明里は互いに互いを関知しない領域にそれぞれ身を置いています。恐らくそれは後々まで変わることは無いでしょう。
しかしながら、2人自身の「大切な」感情の形成の根幹は互いに貴樹であり明里です。それもやっぱり変わらないはずです。


物語の終わりは彼や彼女の「終わり」ではありません。
スポンサーサイト
[ 2007/09/12 03:41 ] 小説感想 | TB(0) | CM(0)

2007-8/9(木) サークルチェック多すぎワロタ 

左手はそえるだけ

放置気味でしたが、生きてますよ~。(一応)

今週末からコミケの直前まで両親の帰省にくっついてく関係で準備を前倒しで進めとるんですが、おわんねぇよコレorz 例年比5割増(?)の早さでも厳しいとは…。

ぶっちゃけもっと巡回サークルを絞ればこんなことにゃならんのですがね。
要は自業自得乙'`,、('∀`) '`,、

ちなみに帰省先は青森なんですが、そこで以前から画策していた「はるのあしおと」と「雲のむこう、約束の場所」のちょっとした聖地巡礼も予定しております。(「今更じゃね?」とかいうの禁止)


さてさて、ちょいと遅れてしまいましたが毎月恒例のコレ

[小説] 秒速5センチメートル 第三話「秒速5センチメートル」前編 の感想

アニメーション本編における第三話の役割を貴樹と明里の「過去・現在・未来」の端的表現と捉えた場合、今回の小説三話前編は貴樹の「過去」―貴樹と明里があの踏み切りですれ違った時点を「現在」とするならば―に該当します。

「過去」と「現在」の境目を貴樹の退職時とすると、その「過去」における自己が、さらに過去の時点(学生時代)での性質から根本的になんら変わっていないことに愕然とする場面があります。本編での貴樹のモノローグでのありましたが、とどのつまり、心の根底にある「焦り」です。それを払拭するために自らの気持ちを水野さんに伝えようとする…。

言うまでもありませんが、貴樹と水野さんは3年の交際の後に別れてしまいます。そこでの水野さんによる『心は1センチも近づけなかった』という文面と「焦り」を照らしてみると、貴樹の水野さんに対する気持ちは、いわば過去の清算的行動から発せられたものではないだろうか?と考えられます。
だからこそ水野さんはそれを察してしまったのでは?

「焦り」の根源として思い当たるのは、「傍に在るべきものの不存在」。貴樹と明里はあの時まで互いが互いに依存し支えていたのは明白ですが、要は自分を成すべき要素が欠けてしまっていることによる無自覚の心理的圧迫が発生したがための「焦り」かもしれません。


今後の日程としてはコミケのレポはもちろんやる予定ですが、それだと随分間隔があいてしまうので、その前に先ほども触れた巡礼の記事なんかを書くつもりですが、果たして間に合うかしら…。(帰ってくるのがホントに直前なもんで…)


<独り言>
スキ?キライ!?スキ!!!をループしまくってニヤニヤしてる俺きめぇwwwwwww


追記(2007-8/9)
ホビージャパンの誌上通販限定の女子高生セイバーが更新直後に届いたんでさっそく晒してみるテスト。思っていた以上に素晴らしい出来だったのでつい…。
いやしかし、半年待った甲斐がありましたわい(;´Д`)

女子高生セイバー

「靴の履きかけ」なポーズがとってもステキです

[ 2007/08/09 12:18 ] 小説感想 | TB(0) | CM(0)

2007-7/7(土) いつでも捜しているよ 

新宿ビル群

[小説] 秒速5センチメートル 第二話「コスモナウト」後編 の感想

今月の掲載話を読む前にふと目に止まった、扉ページの絵コンテでの一節―

穏やかな表情だが、カナエの言おうとしている言葉を察して強く拒絶している。

貴樹の『…どうしたの?』(例のアイSHOP店先)での説明にこの一文があてがわれていました。



―優しくしないで

以前からこのセリフがなかなか読み取れずにいました。
花苗から発せられたこのセリフ―、自分の想いを貴樹に伝えるタイミングを一時的に逸してしまったとはいえ、なぜ彼女は貴樹の自分に対する「優しさ」に耐えられなかったのか?


花苗が貴樹のシャツの裾を思わず掴んでしまった(「言わなきゃ」という急いた気持ちがそうさせた)際に発せられた『―どうしたの?』という貴樹のセリフ。花苗がその言葉と表情から感じ取った(取ってしまった)貴樹の強い拒絶の意思。

拒絶され、なおも感じる貴樹の「優しさ」―
『優しくしないで』というセリフは、汲み取りができずに混乱してしまった花苗の感情の一端ではないかと思えました。

丘での貴樹とのやり取り(遠い存在の貴樹に自分と近い面を見る)、それを経た波乗りの成功は、少なくとも花苗の意思決定の後押しになったのは間違いありません。

しかしそこから生じた、いわば「心のゆとり」が貴樹と自分との視線の方向の違いを決定的にわからせてしまったと考えると、多少の皮肉は否が応でも感じてしまいます。


一つの感情的挫折を前進と捉えることが出来るならば、第三話の捉え方もまた違ったものになるでしょうか?
[ 2007/07/07 01:13 ] 小説感想 | TB(0) | CM(0)

2007-6/7(木) 肩こりの治し方を教えておくれ 

絶望した!おもしろミノリ放送局が最終回なのに絶望した!

って、「何を今更」なんて声があちこちから聞こえてきそうなぐらいおっそい反応ですが、前回の更新の時点ではまだ聴いてなかったので一つご容赦をば。

なんてこと言ってたらefがアニメ化とな!?
ということは、この最終回はefのアニラジがはじまる布石!
そしてパーソナリティーには我らの山田ゆな嬢中島裕美子さんが!……だったらいいなぁ('A`)
とは言え、少なくともlatter taleがリリースされる頃には復活するでしょうし。…しますよね?
でもよく考えたらlatter taleっていつリリースされるのか分からn(ry

あと今週のうたらじでも最終回の告知があったそうで。(まだ聴いてないけど)
こうも毎週のささやかな楽しみが減っていくとは…。


[小説] 秒速5センチメートル 第二話「コスモナウト」前編 の感想

さて、ダ・ヴィンチでの小説版秒速~も第二話に突入と相成りました。
つい先日に第一話後編を読んだと思ったらもう一ヵ月経ってしまった…。「この間俺は何をしていたんだ?」と考えると軽く頭痛を覚える初夏の朝orz

それはさておき。
第二話は花苗の視点―彼女の独白によって展開されますが、小説でもそれが踏襲されています。
 ※新海さんは小説を元に本編を構成しているので当然といえば当然だが
ですので第一話同様、心情の有り様に注視することができます。
特に花苗の貴樹に対する想いとその要因としての貴樹の「他の誰とも違った感覚」、つまりは遠縁性に惹かれ、それに対する憧れとしての好意がよりハッキリ描写されています。
もっとも、これは第二話終盤、憧れの一端であった「貴樹の視線の先」に気付いた花苗に跳ね返ってくるわけですが…。
後編はキツそうだなぁ…。


ちなみに、来週の新海さんによる渋谷ジャックですが、バイトで行けないよママン(;´Д`)
せめて告知は三週間ぐらい前に…(え、無理?)
あ、でも頑張ればラジオは行ける(かもしれん)。
[ 2007/06/07 09:08 ] 小説感想 | TB(0) | CM(0)

2007-5/8(火) GW明けの講義とかそれなんてギャグ? 

2007-5/8

ダ・ヴィンチ6月号買ってきますた。
てなわけで先月に引き続き、秒速5センチメートル 第一話「桜花抄」後編の感想。


貴樹の明里に対する想い─(先月の感想では「依存」と表現したが)の強固さが改めて感じられた以下のフレーズ。

~それは本当に特別なキスだった。今振り返ってみても、僕の人生には後にも先にも、あれほどまでに喜びと純粋さと切実さに満ちたキスはなかった。

このことを回想・独白している貴樹は26才。彼自身の状態としては第三話が最も近いでしょう。つまり、「過去にあった純粋な気持ち」をほとんど失いかけている状態です。
 ※ただ、第三話における最後の笑みをどう解釈するかでその定義は変わりますが…

そのような彼にとって、当時のその余りある純粋性に満ちたキスの経験は、強烈なものとなっているのではないでしょうか?しかも、その当時ですら直後の心象を『キスの前と後では世界の何もかもが変わってしまった』としているんですから…。

何にせよ、このような生涯に渡って自身に介在し続けるであろう出来事を、わずか13才で経験してしまった。この時点で彼の明里に対する想いは代替しようのない絶対性をはらんでしまった、ともとれます(言い過ぎか?)。
 ※そこで生きてくるのが、第三話で水野さんが貴樹に宛てたメールでの『1000回もメールをやりとりして、
   心は1センチも近づけなかった』という件。


そうなると、「なぜ2人は疎遠になってしまったのか?」という命題ともいうべき事項に、またしても頭を悩ますことに…。とはいっても、すでに妄想が大半を占めているような状態なので、今更どうこう言うのも大概ムダですが(;´Д`)

それにしても、なんべん読んでも(観ても)順応できない俺ガイル。

切ねぇ…('A`|||)
[ 2007/05/08 07:53 ] 小説感想 | TB(0) | CM(0)
絶賛贔屓中

minori
Littlewitch
AUGUST
Sirius
HERMIT

応援中ですよ

世界でいちばんNG(だめ)な恋
『ピリオド』を応援しています!
こいびとどうしですることぜんぶ
ToHeart2 AnotherDays / Leaf
クリックでminoriのサイトにいっちゃうよ!
戯画『 さかあがりハリケーン 』おうえんバナー企画参加中♪

プロフィール

むらゆき

管理人:むらゆき
■創作能力皆無の消費型オタク
■連絡先
 nuruota-fidget☆hotmail.co.jp
 (☆を@に変更してください)




↑「押してあげてもいいよ」と奇特な方は是非

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。